木炭案内人

木炭雑学「柿渋と下野人形」

柿渋というのはご存じですか?
柿渋を塗ることで紙の表面が油紙様になり丈夫になることは知られています。
日経新聞の記事に柿渋が栃木の伝統和紙工芸に欠かせないとあり、びっくり。
ご紹介しますね。
栃木県伝統工芸士でもある諏訪ちひろさん。
古くから伝わる和紙「下野しぼり」の技法をおひとりで守っておられます。
作り方は和紙に柿渋を塗り固めた皮状の型紙に和紙を挟む。
それを棒に巻き付けて床に置き、全体重をかけて足で転がす。
木製のしぼり台に据え付けておき、テコの原理を利用して潰す。何度も何度も
この挟むから始まる一連の工程を手仕事で繰り返すことで、
独特の風合いが生まれ、伸縮性や温かみが出て味わいになる。
奈良時代に道鏡によって下野の国にもたらされた技法。
農家の一子相伝だったが、今では諏訪さんひとりが守る。
その独特の風合いをいかし、「下野人形」として知られる。
毎年、7月の第一日曜日に小山市の「思川の流しびな」行事で使われる。
これを読んで柿渋の特性を生かした使われ方だな〜と感じました。
そういえば、昔天神山地区は柿の生産地として神奈川県に船で売りに行っていたとか。
その名残か、この地区は柿の木が多いんですよ。
秋は目もお腹も満たされます(笑)
 木炭販売ペ−ジへ