木炭案内人

暮らしと木炭インテリア


草花を挿すように木炭を活けてみませんか。

平たいお皿に木炭を花留めにしてはらんや季節の実物など飾ってもかわいいですね。
最近、お部屋の中に、木炭を置いて臭いや、湿気をとるという方が増えています。
チ−プでもお洒落なくずかごや、革のマガジンラックにセンスよく木炭を入れて
隅においている方もおられるようです。
   
禁酒した友人は頂いた焼酎セットのアイスペ−ルの陶器に木炭を入れて飾っています。
「頂いたものは最大限に利用する!」が彼のモット−です。(^^)


木炭といっても、備長炭でないと、逆に部屋が木炭の粉で汚れてしまいます。
備長炭は江戸元禄年間に紀州備中屋長左衛門が製法を確立した木炭ですが、
「切り口をみると宝石のように白く光っており、炭の芸術作品」
と白洲正子さんをして言わしめたほど、切り口がきれいです。

頂き物などで、きれいな花器なんだけど、お花を選ぶようで、活けづらい。
つるのある花器がしまってあるのだけれど、たまには飾ってみようかしら。
そんなときは備長炭の形を生かして、
お正月なら松やあおいや小ぶりの実ものもあいますよね。
紅白のリボンや金の紐で和風にアレンジすればお正月気分、満喫です。
夏なら小ぶりの笹に七夕飾りをして笹竹の押さえに木炭を使ってみましょうか。
炭も水色などの涼し気な色和紙でおめかし。


花を生けた花瓶に備長炭を一本入れてみませんか。
お花のもちが断然違います。花留めにもなりますし、一石二鳥です!


すぐにお使いになれる備長炭(白炭)です。

今流行の寄せ植えに木炭を置石みたいにちょっと置くと風情がありますよ。
あなたのセンスを生かして生活に潤いを。
子供は地球や土星などのきれいなカ−ドを飾っています。
備長炭の黒い輝きが宇宙の漆黒を連想させるとか。本当かな?
 木炭販売ペ−ジへ