木炭案内人

「木炭こぼれ話 昔話の時間」


「炭焼き長者」の民話をご存知ですか?
福島地方の伝説では、京都の中納言の娘が縁遠いのを嘆き、
北野天満宮に詣でると、「炭焼きの藤太を夫とせよ」と神示が下り、
福島まで、尋ね歩き、藤太と結婚した。
あるとき、家財道具を買うために、夫に黄金を渡したが、
藤太は途中で池のカモに黄金を投げつけ、買わずに戻る。
驚いて妻が嘆くと、藤太は、
「そんなものなら、自分が炭を焼いている裏山にいくらでもある」と言う。
二人は黄金を掘り出して、長者になった。

これと同様の話が「炭焼五郎」、「炭焼小五郎」と名前は違えど、各地に残されている。
いずれも、女房の福縁で家が栄えるというお話だそうです。
炭焼きという重労働に従事していた方たちの幸せを願う気持ちが
今も、民話になって語りつがれているのかもしれませんね。

どこかの雑誌に、風水的に、夫婦のベッドの下それぞれに、木炭を置くと
夫婦仲が良くなると書いてありました。一度お試しになりますか?(^.^)


 木炭販売ページへ