木炭案内人

木炭着火法 身近な道具で火をおこそう

木炭を熾すにはいろいろやり方があります。
他のページでご紹介しておりますように、七輪とガスバーナーで付ける方法、
火起こしをガスコンロにかけて熱する方法。
ここではアウトドアで炭をおこす時のやり方です。
木炭は熾きれば炎が出ていなくても熱いので(当然ですが)
キッチン用のカネのトングでつかめば大丈夫です。

ボタンまず着火剤を用意します。
市販のものが一番簡単ですが、忘れてしまっても大丈夫!
手軽に牛乳パックでも作れます。
牛乳パックの内側をよく拭き、上から下へらせん状に2センチ位の幅で切ります。
それを5等分に切り、丸めると牛乳パックのマリのようになります。
空気も通る着火剤になります。
ポテトチップも、キッチンペーパーにサラダ油を染み込ませたものでもOK。
使用済みの割りばしを折って先が細くなっているものや、
新聞紙をねじったり、松ぼっくりを着火剤に足して使えます。
子供に松ぼっくりを拾いをお手伝いしてもらい、それを使って火を熾すと
「〇〇ちゃんの松ぼっくりで火がついた〜」と大喜び!
パパの株も急上昇!間違いなし?!

ボタンバーベキューコンロに木炭をピラミッド状に積みますが、
その時、円形にして入口のように一部を開けておきます。
その隙間に着火剤を入れておきます。
ピラミッドの中心は空洞にしておきます。
マッチかチャッカマンのようなもので一番したの着火剤に火をつけます。
一瞬にしてピラミッドの中心に火柱があがります。
炭が赤くなったらうちわで15分ほど風をおくります。
炭が白っぽくなれば、崩してそのまま使えます。
バーベキューコンロがない場合、平らな地面にブロックを積んで下にアルミ箔を敷けば
簡易コンロになります。網を載せてアルミ箔に食材を載せれば焼けますし、
アルミ箔に包めば、文字どおりホイル焼です。
木炭を傾斜して網の下に置けば木炭に近いところが強火、中ほどが中火、
下が弱火と木炭から食材までの距離によって火加減が調節できます。

ボタン七輪で炭を熾す時は火をつけたらうちわでどんどん煽いで
木炭全体に火が回るまで煽ぎましょう。
七輪で火加減を調節したい時には五徳を使うか、
下の調節口の開閉で加減しましょう。
ボタン消火の時には木炭にただ水をかけただけでは消えません。
炭の芯の部分からまた発火してしまいます。
一番いいのはバケツに水をはり、木炭を水の中に落とします。
プシューという音がしたら大丈夫です。30秒ほどで完全消火できます。
くれぐれも火の始末には気をつけてくださいね。

ボタントップペ−ジ