木炭使用上のQ&A

お客さまからのご質問で一番多い
「困った点」についてまとめてみました。

*炭をくべると爆ぜるんだけど・・・
お使いの炭が天然木の炭であれば爆ぜる可能性はいつでもあります。
炭をいきなりくべた場合、炭の焼きがあまく炭化してない場合、炭が湿っている場合、などに
おこりやすくなります。火のそばに次にくべる炭を置いてしばらく暖めてから使うとよいでしょう。
樹種によっても違いますが、爆ぜることを考えて、注意してお使い下さい。


*炭を燃やしたら変な臭いが・・・
長期の保存や保管によって木炭が吸着した臭いが燃やすことで出てくることがあります。
湿度の少ない、風通しの良いところに保管することが大事です。
臭いが出た炭は下駄箱の脱臭や湿気とり、または土壌改良にお使い頂くことをお勧めします。
備長炭は洗って干すといくらか違います。

*炭を燃やしたら煙が・・・
炭の焼きがあまく、炭化していないものだと思われます。国産品ではほとんどありませんが、
外国産の炭には品質の悪いものが含まれている場合があります。
屋外の煮炊きなど煙が気にならないところでお使いになるか、土壌改良など他の用途にお使い下さい。
地産地消の観点からも国内産をお勧めします。

*燃焼時、炭から炎が出て食材がこげこげ・・・
炭は炎を出さない燃料で、赤外線による輻射熱で食材を焼き上げるため、美味しく焼き上がるのですが、こげこげとは・・お気の毒です。
炎が出る炭は不純物が多く残る炭化していない炭かと思われます。
未炭化を避けるためにも国内産をオススメします。

*まだ燃えている炭を消すにはどうしたら・・・
火消し壷に火箸などを使って、火のついた炭を入れてふたをしてください。安全に消火できます。
この消し炭は着火しやすいので、次回の種火にご利用下さい。
火のついたコンロに水をかけると灰が大量に舞い上がるので、お勧めしません。

*火鉢で炭を使っていると、灰の上に石のような塊が残った・・・
灰がガラス化したものです。炭の燃焼温度が高く、灰の成分が溶解し、温度が下がるとともに固まったものです。
塊は取り除いてそのままお使い下さい。化学物質が混入したものではありません。
気になる時は灰をふるうといいです。
残った塊が「豆粒ぐらいの仏像に似ている」と言って取っておくお客様もおられましたね。

*炭の燃え残りがあるんだけど・・・
煙がでたり、炭が赤いなどということがなければ、炭化した木炭ですから大丈夫です。
残りわずかになってきたら中心に組み上げて、最後まで燃やしてあげるか、
灰にくべて消し炭として次回お使い下さい。

当店では安心安全な国産品のみのお取り扱いです。
地産地消で地場産業を盛りたてるためにも、国産品をお勧めします。

ボタントップペ−ジへ
バー

ご連絡は下記まで
 電話 0439−67−0040
メ−ルtoriumi@mvc.biglobe.ne.jp
(有)鳥海商店