灰(並灰・備長灰)

火鉢用の灰には並灰と備長灰などがあります。

火鉢の灰は使っているうちにどうしても澱が残ります。

たまにふるって灰を足してやるとふかふかと使えます。

灰の種類には並灰・竹灰・ワラ灰・最高級備長樫灰があります。
用途としては 火鉢や囲炉裏の床に。うわ薬や山菜のアク取りに。

  灰・ワラワラ灰の製造過程
アルカリ性のアルカリはアラビア語で灰を示します。
灰を水に入れて作った液(灰汁)は身体を洗ったり、染色に利用していました。
日本でも、江戸時代には山菜のアク抜きや染色のために、灰を売る職業がありました。
ワラ灰は炭俵が古くなると、その俵を燃やして作った貴重品でした。

また、京都の風習で京都五山の送り火の翌朝、燃し木の灰(炭?)を取りに行き、
その粉を筒に入れて、家の軒下につるしていました。御利益があるそうです。
そういえばこちらでも、お正月飾りをおろして、燃やした後の灰を家の周囲に
少しづつ撒いています。地域の高齢者曰く、家内安全の御利益があるそうです・・
備長木灰備長炭からできた灰
竹灰竹の灰
灰のおもいがけない使い方についてはこちら。
**参考価格(消費税別、送料別)**
木灰 約5k 6,000円
商品の特質上、急な価格変更もあるので、
お買い求めの際にはお確かめ下さいませ。
ボタン木炭販売ペ−ジへ