木炭使用上の注意点(燃料用)

*木炭は燃焼すると、一酸化炭素などのガスが発生するので、なるべく野外で使用のこと。

室内で使用する場合は1時間に2,3回程度換気をすること。

*着火した木炭から火花が飛んだり、爆ぜたりするので、燃えやすいものは近くに置かないこと。

野外では風の向きも考えて、直径3m以内に燃えやすいものは置かず、枯れ草等も注意すること。

木炭の継ぎ足しは火元近くで十分温めると、爆ぜなくなります。
それでも爆ぜる時は、塩を振り掛けるか、塩水に浸して乾かしてから使用する。

*使用後は水をかけたり、土や砂をかぶせたり、火消し壷に入れるなどして、完全に消火する

野外の場合、土をかけても、オキとなって残っている場合があるので、
しばらくしてから、手でさわってみて、熱をもっていないか、よく確認する。

これらの注意点を守って、気軽に木炭生活を楽しみましょう。

 木炭販売ペ−ジへ
 トップページへ