木炭使用上の注意点(水処理用)

*水処理用木炭は、河川、湖沼、池、家庭用排水、魚介類の養殖場、農畜産業排水、などを浄化する。

*汚濁の大きい原水には、沈殿,ろ過などの前処理が必要である。

*水処理用の木炭の効果は、水質等条件によっても違いがある。

野外では風の向きも考えて、直径3m以内に燃えやすいものは置かず、枯れ草等も注意すること。

木炭の継ぎ足しは火元近くで十分温めると、爆ぜなくなります。
それでも爆ぜる時は、塩を振り掛けるか、塩水に浸して乾かしてから使用する。

*使用後は水をかけたり、土や砂をかぶせたり、火消し壷に入れるなどして、完全に消火する

野外の場合、土をかけても、オキとなって残っている場合があるので、
しばらくしてから、手でさわってみて、熱をもっていないか、よく確認する。

これらの注意点を守って、気軽に木炭生活を楽しみましょう。


 <トップペ−ジ>