木炭案内人

木炭雑学「牛タンの塩焼き」

コロナの影響でお家で七輪料理を楽しまれる方も増えてきました。
木炭 「牛タンの塩焼き」について小泉武夫先生の文章が
日経新聞にのりましたが、実に名文!
やってみたくなります。少し引用します。
「木炭と七輪は常に用意してあるのでそれで焼くのである。
七輪の上に置いた金網が熱くなったので、そこに牛舌をのせて
焙り始めると、炭火は次第にそれを焦がして盛んに煙を出した。
そこで牛舌をうらがえしにしてさらに焙る」
「いつも思うのだが、牛舌というのは焼酎には、
寸分の隙間もないほど相性の合う肴である」
ね。目の前に牛舌をのせた、七輪とかんかんに熾った炭が
出てきそうじゃないですか?
遠赤外線の効果で美味しい牛タンがさらに味わい深く!

一昨年だったか、小泉武夫先生が富津公民館に
講演にいらっしゃって拝聴しに伺いました。
とてもきさくそうな方でいろいろなお話を伺い、
時間がどんどんたってしまいましたね。懐かしいです。
otona
ボタン木炭販売ページへ