石炭のご紹介


NHK朝の連続テレビ小説「あさが来た」ご覧になりましたか?
あさちゃんが炭鉱へ行って頑張ってましたネ。
「日本の繁栄にとって大事なのは政府でもない、加野屋でもない。
命をかけて石炭を掘って下さる皆さんだす。」の言葉で炭鉱夫さんが働き出します。
日本人の真髄を見た気がしました。

石炭はご存じのとおり太古の植物が地中に埋没し、
自然の分解作用や、地熱や圧力などの変質作用を受けてできた可燃性の岩石です。
炭化の度合いによって無煙炭、黒炭、褐炭、泥炭などに分けられます。
日本では、もえいし、たきいし、からすいし、うに、うこんいしなどと呼ばれてきました。
松尾芭蕉の俳句に「香に匂へうにほる岡の梅の花」
というのがあり、伊賀上野の亜炭うにのことだとわかっています。

また、貝原益軒の「筑前国続風土記」にも
燃石について「民用に便あり薪無き里に多し。是れ造化自然の助也」とあります。
最初に石炭を見つけた人は驚いたでしょうね。

江戸末期、「泰平の眠りを覚ます上喜撰たった四はいで夜も眠れず」と歌われた
ペリー提督率いる黒船4隻ですが、石炭利用の蒸気船でした。
石炭で燃える火がマストに移らないように煙突が伸縮するようになっていて
帆を張ったときには短くしていたそうです。
あの黒船は4隻とも木造船で外板にタールを塗っていたので黒かったそうです。
ドラマで見ていて鉄製の船だと思いこんでいませんでしたか?

大人になって始めて知ることって多いな〜と思う今日この頃です。

石炭、コークスは火力が強いものですが、中国からバ−ベキュ−用と称して
輸入されて、ホ−ムセンタ−などで販売されているものなどは、
木炭に泥炭が混ぜられていたため、炭窯がだめになることも結構ありました。
安かろう、悪かろうはどんな品物も困りますね。

 木炭販売ページへ
 トップペ−ジ