ふさこがねをご存知ですか

ふさこがねちゃん
「ふさこがね」は千葉県の奨励品種で、以前の名前は「千葉28号」という、
同年代の方にはどこか懐かしい?!名前でした。
一般公募で選ばれ、房総に黄金の稲穂がゆれるイメ−ジの素敵なネ−ミングです。
育成開始は平成7年、品種として登録されたのは平成16年の新品種です。
父は中部64号、母は「ふさおとめ」です。
イモチ病に耐性をもち、粒が大きく、味も良いという、「デキた子供」です。(^^)
コシヒカリの晩成にくらべ、「ふさこがね」は中生種で、冷夏にも強く、倒れない、丈は低めの 稲です。
玄米は幅も厚みもあり、「コシヒカリ」よりも重い大粒です。
アミロ−スの含有量は18,1%、たんぱく質の含有量は7,6%。
食味は「コシヒカリ」に匹敵する上の中です。
アミロ−スもたんぱく質も含有量が多いと、
ご飯が硬く、粘りが少なく、ボソボソした感じになります。
その点「ふさこがね」は値段も安く、優等生です。

粒が大きく、ふっくら、もっちりとした食感でおにぎりや太巻き寿司にも最適です。
21年の4月からいよいよ千葉県の小中学校の給食に使われるようになりました。
「地産地消」地域で取れた農林水産物を、地域で消費するという提唱ですが、
その地域の気候風土に合った食べ物が一番身体に良いという考えにより、
千葉県では、「千産千消」が推奨されています。
最近ではふさこがねを酒米として使った、千葉県産酒も増えてきました。
ご飯で食べるのも美味しいですが、お酒も味わい深いですよ。
是非一度おためしくださいませ。


富津市の新米は千葉県の放射性物質検査において安全性が確認されております。
また、当店ではお米の買い付けの際に独自に田んぼの空間線量を測定しております。
玄米で購入してもとう精するのに、時間も電気代もかかっちゃう・・
そんなお声から搗精代金は無料に致します
玄米をご購入の際、ご連絡頂ければお買い上げの玄米をとう精し精米を発送致します。
但し、搗き減りがありますので30k送れるわけではございませんのでご了承下さいませ。


イラスト*玄米販売のお知らせ

玄 米 販 売 店舗