<木炭を使った自由研究9>


木炭を使って自由研究をしてみませんか。
子供テント
空き缶とガスコンロで松ぼっくりの炭を作ろう
室内のガスレンジでは煙がかなり出るのでお辞め下さい
植物に空気が入らないようにして加熱すると炭ができます。
松ぼっくりや栗のイガ。小さい実のついた枝などもO.K.
水分の少ない物の方が形が残りやすくなります。
空き缶の温度が高くなりますのでヤケドに注意して下さいね
*用意するもの*
炭にしたい小枝や実 大きめの空き缶 ガスコンロ もち網 アルミ箔 針金

空き缶に炭にしたいものを入れる。
小さな穴をあけたアルミ箔で缶にフタをし、針金で縛る。
ガスコンロの上にもち網を置き空き缶をのせる。
かなり煙が出るので換気に注意して加熱する。
煙や湯気が出なくなったら加熱をやめる。
十分冷ましてから木炭を取りだす。
加熱をやめたら缶が十分冷えるまでフタをとらない。
フタをとるのが早すぎると中の木炭が燃えてしまいます。

卓上用のカセットガスコンロの場合、ガスボンベの入っている所に
焼き網や空き缶が近づき過ぎると爆発の恐れがあります。
それらの大きさに十分配慮してください。
カッターナイフや火を使う実験もありますので、
大人の方と一緒にやって下さいね!
実験、研究の成功をお祈りしております!(^.^)
BOTAN実験に使える木炭販売中
バー
ご連絡、お問い合せは下記まで
BOTANお問合せはこちらから
 電話 0439−67−0040
メール アイコン
toriumi@mvc.biglobe.ne.jp
千葉県富津市売津92−1
(有)鳥海商店 代表取締役 鳥海覚